| ホーム  | 開催要項  | セミナー  | イベント  | 展示など  | 名刺交換パーティー  | Q&A  | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らなかったでは済まされないDTP用語

●知らなかったでは済まされないDTP用語
~アドビの機能、出版人ならこれだけは~

●清水修二(編集者)
simizu_syuuji.jpg
(似顔絵:結城 わらゑ)

●講師略歴
ISDNしみずズカン(清水修二)
出発点は東京での新聞記者。雑誌編集者を経て2000年からフリーに。ここ5年は芸術系大学でAdobe InDesignを使ってDTPの基礎を教えている。取材執筆からエディトリアルデザインまで一通りこなすが、請求書を書くのだけが苦手。経営者には不向きなタイプ。

●講座内容PR……
例えば小学生向けのコストを抑えた図鑑を企画したとします。「学年別自動ルビ振り」の知識は必要不可欠です。入稿がワードの場合、バージョンや使用禁止事項の打ち合わせが出来ていないと組版でトラブります。印刷屋と「PDF入稿ならこの値段で」と安い見積を取っているのに、カメラマンからRAWデータ写真を受け取ったりしていませんか。知らなかったでは済まされない「DTP用語」を中心にお話しします。



●日時:2013年5月25日(土)10:30~11:30
●場所:ドーンセンター4階 会場A(中会議室1)
●お申し込み・お問い合わせ:
パソコン用フォームURL http://ws.formzu.net/fgen/S45948042/
携帯電話用フォームURL http://ws.formzu.net/mfgen/S45948042/

※当セミナーでは、当記事へのコメントおよび出版ネッツ関西フェスタ2013facebookページにて講座内容に関するご意見・ご希望を受け付けます!
スポンサーサイト

会場案内
会場へのアクセスはこちらにて
最新記事
カテゴリ
Twitter
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR